2009年09月22日

妊娠とは

妊娠とは、受精卵が子宮の内膜にもぐり込み、着床した状態のことを妊娠と言います。
受精から着床まで約6〜10日かかります。

もう少し詳しく妊娠について調べてみましょう。


妊娠(にんしん)とは、哺乳類などの胎生の動物で、雌の胎内(子宮内)における、受精卵の着床から出産、もしくは流産するまでの経過、およびその状態を指す。

哺乳類一般では、妊娠の経過は、それぞれの種によって異なる。満期出産に至るまでの期間や出産時の成熟度もまちまちである。

人間の場合、受精後266日、腹の子(胎児)が約3000g内外にまで育ったところで出産に至る。俗に「十月十日(とつきとおか)」というが、これは最終月経の初日から数え、一月を四週で数えるため、実際の日数とは異なる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


以上が妊娠といわれている状態です。

女性は妊娠すると様々な症状が起きますがそれらも説明していきたいと思います。

妊娠した場合には様々な体の変化と共に生活をするうえでも様々な注意が必要となってきます。

妊娠から無事に出産できるように正しい妊娠の知識を持って、妊娠生活をおくり、元気な赤ちゃんを産めるようにしましょう!

posted by ninshin2000n at 12:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。