2009年09月22日

妊娠の兆候

妊娠の兆候にはいくつかの例があります。妊娠の兆候にはやく気が付くことによって、無事に出産を迎える準備が出来ます。

妊娠の兆候を早く感じ取りましょう。

まずなんと言っても妊娠の兆候をを自分で気づく初めての出来事は、月経(生理)が止まることでしょう。

規則正しく月経がある人が一週間から10日も月経が遅れるているようであれば、妊娠の兆候と考えはじめてもよいかもしれません。

ただ、何らかの原因で月経(生理)が遅れているだけの場合もありますので、早とちりは禁物です。

環境の変化や、その他の原因で月経が遅れることはしばしばあることですのであまり神経質にはならないで下さい。

月経(生理)の間隔が毎回毎回、不規則な人は月経(生理)の不順による妊娠の兆候の判断は難しいですね。

月経(生理)以外の妊娠の兆候としてわかりやすいのが、吐き気(つわり)がするという症状があります。

吐き気(つわりは)、月経が遅れてから1、2週間ほどたってから、始まる場合が多くあります。

もし月経(生理)もこなくて、吐き気(つわり)がある場合には妊娠している可能性が高いので、早急に産婦人科などで正しい診断を受けてください。

一般的な妊娠の兆候は、食欲がなくなったり、吐き気、胸にむかつき、食べ物の好みが変わる、唾液が多くなるなどと言われています。

ただ中には、食欲が大勢になる、吐き気がないなど、一般の妊娠の兆候に当てはまらない方も多くいらっしゃいます。

しかし一般的に酸っぱいものが食べたくなったり、何か変わったものが以上に食べたくなる場合なども多いようです。

これらの妊娠の兆候に気が付いた場合にはすぐに、産婦人科に行くことをお勧めします。また、産婦人科に行く前に自分で調べたいと言う方は妊娠検査薬などを使って調べてみても良いでしょう。
posted by ninshin2000n at 12:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。