2009年09月22日

妊娠とは

妊娠とは、受精卵が子宮の内膜にもぐり込み、着床した状態のことを妊娠と言います。
受精から着床まで約6〜10日かかります。

もう少し詳しく妊娠について調べてみましょう。


妊娠(にんしん)とは、哺乳類などの胎生の動物で、雌の胎内(子宮内)における、受精卵の着床から出産、もしくは流産するまでの経過、およびその状態を指す。

哺乳類一般では、妊娠の経過は、それぞれの種によって異なる。満期出産に至るまでの期間や出産時の成熟度もまちまちである。

人間の場合、受精後266日、腹の子(胎児)が約3000g内外にまで育ったところで出産に至る。俗に「十月十日(とつきとおか)」というが、これは最終月経の初日から数え、一月を四週で数えるため、実際の日数とは異なる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


以上が妊娠といわれている状態です。

女性は妊娠すると様々な症状が起きますがそれらも説明していきたいと思います。

妊娠した場合には様々な体の変化と共に生活をするうえでも様々な注意が必要となってきます。

妊娠から無事に出産できるように正しい妊娠の知識を持って、妊娠生活をおくり、元気な赤ちゃんを産めるようにしましょう!

posted by ninshin2000n at 12:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妊娠初期の注意 妊娠初期の注意 妊娠初期の注意

妊娠初期は色々、注意しなければいけないことがあります。

ここでは妊娠初期、もちろん妊娠中ずっとなんですけど特に注意した方が良い事をご紹介します。

○妊娠初期は薬の影響を一番受けやすい

妊娠初期は薬の影響を受けやすいので注意が必要です。それは赤ちゃんの器官が一斉に形成される時期だからなんです。

中枢神経や心臓、目、耳などの形成の時期ににお母さんが薬を服用していたら、赤ちゃんに悪影響が及びます。奇形の原因にもなりますので注意が必要です。

特に受精後18日目から12週目位までは薬の影響を最も受けやすい時期なので気をつけましょう。

○妊娠初期(妊娠中)のたばこの喫煙

普段、喫煙する方は要注意です。

そして喫煙しない方もたばこには注意が必要です。近くに喫煙者がいて、その煙を吸うことも害です。

妊娠中にたばこを吸うと、「さいたい」の血流量が減って、胎児に運ばる栄養素や酸素が少なくなってしまいます。

喫煙するときに発生する一酸化炭素は血液中のヘモグロビンと結合します。 そのため、本来酸素を運ぶ為のヘモグロビンが不足して余計、酸素不足になります。

その結果、お母さん、お腹の胎児ともに低酸素状態になっちゃいます。

最悪の場合胎児が死亡したり新生児死亡を起こしますので注意が必要です。

お母さん本人がたばこを吸わない方でも、ご主人や周りの人がたばこを吸っていれば要注意です。他人のたばこの煙を吸い込むだけでも害があります。

妊娠初期に限ったことではないですけど、特に妊娠初期はお腹の胎児の器官形成のとっても大事な時期です。

薬の服用やたばこの害には十分に注意しましょう。

普段、たばこを吸っている方も、最低限、妊娠中はたばこを吸うのはやめましょうね。
posted by ninshin2000n at 12:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妊娠の症状

妊娠の症状にも様々なものがあります。

基礎体温に関するものとしては、低温期、高温期を示すグラフの変化。これは女性ホルモンの分泌状況を反映しているために、妊娠の症状のチェックだけではなく、不妊症治療や避妊などにも利用されています。

また妊娠の症状として大きいのが吐き気(つわり)が起こったり、胸が大きくなってきて張ってきたりします。

一般的な妊娠の症状としては食欲が少なくなる方が多いのですがなかには、食欲が多くなったり、すっぱいものが食べたくなる人もいれば、決まったなにか変なものが大量にたべたくなったり、妊娠の症状はひとそれぞれです。

妊娠の症状によってイライラしたり怒りっぽくなることもあるかと思いますが、家族など周りの方にも理解を得ながらご自身だけではなく家族にも妊娠の症状を理解してもらうようにしましょう。

妊娠の症状がはっきり出ている場合は、絶対に産婦人科には行くようにしてください。

そして産婦人科の先生とよく話をして、健康な赤ちゃんをうめるように頑張ってください。

妊娠の症状は人によって違いますが、妊娠の苦労はあなたのお母さんも通ってきた道です。母親がいらっしゃる場合には母親に話を聞いてみるのもよいでしょう。

母親がいらっしゃらない場合も同じ経験をした周りの人生の先輩達はいっぱいいますから、その方達の協力を得ながら妊娠の症状を受け入れてください。

様々な妊娠の症状がありますが、妊娠が進むにつれて症状は軽くなっていくはずですので、頑張って乗り越えましょう。

健康な赤ちゃんを産めるように頑張りましょう!
posted by ninshin2000n at 12:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。